株式会社ユピックス


お勧め書籍の紹介

体内の過剰な水分が恐ろしい病気を招いている

-日本の風土を無視してきた現代医学の盲点-

過剰な水分摂取はこんなにも危険!

昨今、美容と健康のためにと水分を取ること補給を推奨されていますが、湿度の多い日本でこれはNG!
高血圧には減塩、熱中症には水分補給、アトピー性皮膚炎に刺激物はNG、喉が渇く前に水分を…など、現代医学で定説となったこれらの対処法が実は体の冷えを招いてあらゆる病気を招いています。

欧米の乾燥した土地で出来上がった医学を、湿気の多い日本で同じように考えていては、健康になるどころか症状は一向に改善されず、悪化の一途をたどります。薬で血圧や数値だけをコントロールする治療法に何の意味もありません。日本の風土を無視してきた現代医学の盲点を漢方薬剤師・生態生薬研究会講師の著者が解説します。

1章…現代人の体は水浸し

2章…欧米の気候と日本の気候

3章…現代病と水分の過剰摂取

4章…漢方薬で体から余分な水分を追い出す!

発行 : マガジンランド
著者 : 笠井良純
定価 : 1,500円(税込)

この本は弊社から購入可能です。こちらからお申し込みください。

まんが漢方読本

医薬品業界で支持され、実績を上げる東洋医学、漢方を勉強したい!と思われている方が多い事と存じます。 しかしこれまでの漢方入門書は難解な表現が多く理解できずに途中で挫折されてしまった方がいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで思い当ったのが「まんが漢方読本」です。 最初の一歩を気楽に入って頂けるように、まんがで病状を表現し、系統的に処方をまとめ、わかり易い説明文を添えました。
この本は漢方の基礎を楽しみながら勉強し、習得して頂けたらとの思いで書き上げました。 皆様のお役に立つ事を願ってやみません。
(本書「はじめに」より)

発行 : 漢方相談処くすり明元堂
著者 : 大和久 力、大和久 勲
定価 : 2,000円(消費税込)

生薬単

生態生薬研究会の参考書として使われている書籍です。
語源から覚える植物学・生薬学名単語集。

  • 日本薬局方十五改正収載の164種類の生薬を学名順に解説。
  • 基原植物・生薬・関連植物等カラー写真満載。
  • 生薬成分の化学構造式&分子モデル(空間充填モデル)付き。
  • 巻末に和名索引、学名索引、英明索引、成文索引が付く。
発行 : 株式会社エヌ・ティー・エス
著者 : 原島 広至
定価 : 3,500円+(消費税)

現役医師が教える ガンの克服術

-自分に合った最高の治療法を選んで、完全治癒を手に入れる!-
治らないと言われたガンがなぜ治るのか?
外科医として30年以上、ガン患者と向き合ってきた著者だからこそわかる、ガン治療の真実―。
いくつもの治療法の中から、完全治癒を得るための法則に迫る!!

第1章…病気のとらえ方
第2章…ガンの正体は血液の汚れ
第3章…心と病気の因果関係
第4章…ガンの克服と予防のためのセルフケア―身体編
第5章…ガンの克服と予防のためのセルフケア―精神編
第6章…それぞれのガン治療―6人の症例
第7章…真の癒しとは

発行 : 太陽出版
著者 : 酒向猛
定価 : 1,700円+(消費税)

この本は弊社から購入可能です。こちらからお申し込みください。

読みもの 漢方生薬学

日本薬科大学教授(生薬学)の著者が、長年、中国現地の生薬生産者と一緒に山を歩き、その時々の漢方生薬についての思いを随筆風に読みものとして一冊にまとめた力作。
茯苓、猪苓、麻黄、大黄、辛夷、厚朴など日本でもよく処方されている約70の生薬のカラー写真が、現地での生薬調査の風景と共に楽しくエピソードを含めて紹介されている。
三七人参も紹介されており、以下は本文中より抜粋。

「三七という生薬は明の李時珍の書いた本草綱目に初めて記載されている。 本草綱目によれば、傷口を漆のように接着することから山漆と呼ばれ、これを略して三七になったという。 お金で換えられない貴重な薬という意味で金不換という呼び名もある。(中略) 三七の成分は10%にも及ぶ人参や竹節人参に類似したサポニンを主成分としていて、薬効は強力な止血作用、創傷修復の作用があるが、高血圧にも効く、癌にも効く、胃潰瘍にも効く、脳出血、脳梗塞、虚血性心梗塞にも効くとあまりにいろいろな治験例が多岐にわたる。(後略)」

発行 : たにぐち出版
著者 : 木村孟淳
定価 : 3,500円+(消費税)

健薬食のすすめ

-病気を克服するために-
病気を治すということ、あるいは病気を予防することについて、著者の長年の体験を通じて言えることは、薬や健康食品を効かせるためには、身体自身の遺伝と“体質”といわれる免疫力の増強策を知った上で使っていくことだ。 そのために、毎日の栄養となる食品の熱寒のバランス摂取について、特に本書の中では強調。 自分の症状改善に役立つところや、予想される病気の予防になるところを読んでいきながら、通読して欲しい。

発行 : 叢林書院
著者 : 大和久勲
定価 : 1,500円+(消費税)

遺伝子を味方にする生き方

がん、うつ病、引きこもり…。 現代人が直面しているミステリアスな問題を解決する“気づき”とは? BRCA2、RBなどのがん抑制遺伝子の発現率を上げる生き方。

発行 : きこ書房
著者 : 宗像恒次
定価 : 1,600円+(消費税)

自分のDNA気質を知れば人生が科学的に変わる

人間の幸・不幸はDNAで決められている!
DNA気質をチェックすることによって「本当の自分」を科学的に分析。
偽りの自分と決別し、あなたに適した生き方をすることで実りある人生を送ることができる!

発行 : 講談社+α新書
著者 : 宗像恒次
定価 : 800円+(消費税)

「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする『加温生活』

この本ではふたつのキーワードが書かれています。
ひとつは「加温」。体を温めるというのを一歩進めて、体に熱を加えることです。これが健康な体を作ります。では、なぜ加温が体を健康にするのでしょうか?
その理由がもうひとつのキーワード「ヒートショックプロテイン」です。タンパク質の一種ですが、ただのタンパク質とは違い、体内で病気の原因となる傷つい たタンパク質を修復するのです。加温すると、体温が一時的に上がり、ヒートショックプロテインが体内で増えてくるのです。この方法を「マイルド加温療法」 といいます。

すでに医療の現場で癌治療をはじめ、腎不全、糖尿病、鬱病にも効果があることがわかってきました。 この「マイルド加温療法」は、日々の入浴でできることなのです。ちょっとだけ普段の入浴を変えて、ヒートショックプロテインを増やすだけで、健やかな毎日 を過ごせることでしょう。

ヒートショックプロテイン研究とマイルド加温療法の第一人者で、バンダナ巻きの姿からバンダナ先生とも呼ばれる伊藤要子先生が教えてくれる週2回「体に熱を加える」新しい生き方と健康法を紹介しています。

発行 : マガジンハウス
著者 : 伊藤要子
定価 : 1,400円+(消費税)

隠された造血の秘密

-腸管造血説と幻の造血幹細胞-

酒向猛医学博士による書き下ろし新著。

これは千島学説に新たな視点からスポットを与える画期的な内容で、 現代西洋医学の基礎理論の危うさをずばり指摘するものでもあります。
もしも現代医学の基礎理論がおかしかったとしたならば、定説に基づいた治療に成果が期待できないのは当然のこと。
それだけに、迷路に陥った感のあるガンや慢性病治療などを再考する上で、本書はまさに待望の書と言うことができるでしょう。

発行 : 株式会社Eco・クリエイティブ
著者 : 酒向猛
定価 : 1,800円+(消費税)

この本は弊社から購入可能です。こちらからお申し込みください。

ふまじめ介護

-涙と笑いの修羅場講談-
専門家ではアドバイスできない本音の介護術が満載です!
実母、義母、義父―。3人の介護を経験した女性講談師が教えてくれた“無理しない”“面白がる”ズボラ介護の極意。

第1章…介護は現在も進行中 じいちゃんが家に戻ってきた
第2章…介護は「ふまじめ」くらいがちょうどいい
第3章…最初の介護は18歳のとき 一人ぼっちだった実母の介護
第4章…2度目の介護は31歳のとき 頑張りすぎた義母の介護
第5章…「苦」を「楽」に変える介護のコツ
第6章…介護は、人生において最高の学び場

発行 : 主婦と生活社
著者 : 田辺鶴瑛
定価 : 1,238円+(消費税)

流れる臓器

-血液の科学-
いちばん重い「臓器」の知られざる姿と働き。
血液は固まらないから流れ、流れるから固まらない。
ヘモグロビンは酸素を運ぶが炭酸ガスは回収しない。
血液型性格判断を覆す実験結果とは? など血液の新常識。

発行 : 講談社(ブルーバックス)
著者 : 中竹俊彦
定価 : 820円+(消費税)

癌を克服するために

酒向猛先生書き下ろしの自主出版本。

第一部では、正統的な立場から現代医学の癌に対する病理観と治療法について。
第二部では、酒向先生の考える癌の病理観について。
第三部では、酒向先生の考える癌の治療法について。
第二部と第三部は私見であり、現代医学の正統的な立場とは全く見解を異にした立場から書いたものとなっています。
第三部の治療法は、原則として誰もが一人で実行可能な方法論を中心に書いてあります。

発行 : 自主出版
著者 : 酒向猛
定価 : 3,000円+(消費税)

この本は弊社から購入可能です。こちらからお申し込みください。

冬虫夏草とサナギタケの生態・培養・応用

冬虫夏草の実態や薬理作用、いままで誰もが語らなかった冬虫夏草商品の流通の真実までを紹介。
さらに、近年注目を集めているサナギタケの薬理作用の研究から無菌カイコを用いた培養開発秘話まで、わかりやすく解説されています。

発行 : 株式会社かんぽう(官報:政府刊行物)
著者 : 陳瑞英
監修 : 松原藤好
定価 : 1,600円+(消費税)

からだを温めるとなぜ病気が治るか

体を温めると、「健康」や「病気治癒」の根源の部分にかかわっている重要なタンパク質、HSP(ヒートショックプロテイン)が増える!

入浴やウォーキング、陽性食品の摂取、加温法など、HSPを増やし健康を手に入れる方法を詳しく説明。

発行 : ビジネス社
著者 : 伊藤要子、石原結實
定価 : 1,300円+(消費税)

HSPが病気を必ず治す

熱刺激によって細胞内に発生するHSP(ヒートショックプロテイン)が正常なタンパク質の生成を助け正常細胞を強化する。

身体を温めることで免疫系等を強化し、がん細胞を消滅する今までと全く違った低温加温による全く新しい温熱療法の考え方です。

発行 : ビジネス社
著者 : 伊藤要子
定価 : 1,400円+(消費税)

絶対、生きてやる。

~ガンがくれた幸せを抱きしめて~
「生涯現役」「百歳まで生きる」。描いたとおり順風満帆の人生を歩み、女性初の取締役、社長へと昇り詰めた著者が、71歳にして「ガンで余命一年」と宣告された。
「手術」をすべきか否か。恐れ、迷ったあげく「手術はしない」と決断した。それは、あらゆる情報・人間関係を駆使した「いのちの選択」だった。「自然治癒力」を高め、ガンを潰す「代替療法」に頼るのだ。
現在、奇跡の生還を果たし、再婚し、夢のような幸せな人生を歩んでいる。
いのちの源泉である日常生活、とくに食生活を改善することが第一条件だと著者はいう。健康な人にも、病んでいる方にもお役にたつ本である。

発行 : ぱるす出版
著者 : 古島町子
定価 : 952円+(消費税)

笑って長生き

~笑いと長寿の健康科学~
笑いが自己治癒力を高めることを科学的に解説し、元気に老いる秘訣を伝授。
がん患者にお笑いを見せると、がん細胞とたたかうNTキラー細胞が増える。リウマチの患者に寄席をみせたら、数値が大幅に改善された。こんな実験を通じて、笑いの効用が科学的に実証されつつある。
研究を続けている日本笑い学会の最新の成果を紹介しながら、元気で老後を過ごすための生活術を具体的な事例を通して解説する。

発行 : 大月書店
著者 : 昇幹夫
定価 : 1,000円+(消費税)

心もからだも「冷え」が万病のもと

冷えた飲み物や溜まった脂肪がお腹を冷やす。
醒めたオフィスの人間関係や冷や汗の出るような仕事が心を冷やす。
家に帰れば会話のない家族…。

実は、男性も冷えています。体だけでなく、心も冷たく固まっています。自覚がないだけに、がんなどの症状に出た時には命取りになりかねません。
この本は、男も女も子供も、どうすれば、冷えを改善して本来の健康を取り戻せるのか、統合医療の立場からわかりやすく解説します。

発行 : 集英社(集英社新書)
著者 : 川嶋朗
定価 : 700円+(消費税)

↑このページの上へ