UPIX CO,.LTD


I'm sorry. This page is only Japanese.

【第34回】生態生薬研究会

香辛料「椒」発売記念講演

5月は野外研修だった為、約2ヶ月ぶりとなったエッサム神田ホールでの研究会。

小雨が降り、ぱっとしない空模様の当日。それでも多くの方々にご参加頂き、今回も元気に生態生薬研究会は始まりました!


明日、6月15日からいよいよ販売される香辛料の「椒(はしかみ)」

前半は皮膚蒸泄の重要性と椒の魅力や活用方法等についてお話頂きました。

「何しろ日本人は水分を摂り過ぎな人だらけです。こんなに水分を摂り過ぎなうえに更に問題なのは、梅雨時の今でも除湿だけでなく冷房を入れている事です。そうすると南極を1枚着ているのと同じ状態になってしまいます。だから体内に、熱がいつもこもってしまう。その熱が上に突き上げれば頭痛になるわけです」

こもった熱を発散する為にも笠井先生は「香辛料をしっかり摂らなければいけない!!」と語ります。

「摂った方がいい、ではなく。摂らなければいけない!!」と先生は繰り返し仰っていました。

そんな熱い笠井先生の思いを受けて生まれたのが椒です。南極を1枚着ている状態が当たり前となってしまっている現代の日本人。香辛料によって皮膚蒸泄を活性化させ、汗をしっかりかき、こもった熱を解消する。

快適な生活が当たり前となった今。生活環境で鈍ってしまっている皮膚蒸泄機能を、椒で奮い立たせてみて下さい。


後半は実際に椒をご賞味頂きました。ピザやパスタ、ミルクティーにお好みの分量をふりかけ、お召し上がり頂きました。

料理との相性は抜群で、皆様からは「香辛料なのに辛過ぎず、とても美味しい!!」という嬉しいお声が続出していました。

研究会が終わる頃。

「体が温かくなってきた」という感想がちらほら。研究会にお越し頂いた皆様のなかにも、南極を1枚着ている方がどうやら多かったようです。

研究会の最後、こんな興味深いお話がありました。

「アトピーの方にはコラーゲンと一緒に香辛料を飲ませてみて下さい。この組み合わせで治った方が数限りなくいます。騙されたと思ってアトピーの方にはコラーゲンと一緒にこの椒を勧めてみて下さい。コラーゲンがいけば皮膚のコラーゲン部分を補給しますよね。おまけにどんどん香辛料がいって代謝を促進しますから、皮膚蒸泄が凄く活性化します。そうすると節々に出て、点で熱を捨てているアトピーが面に広がって熱を捨てれるから早く良くなります」

このお話には皆様、驚きの声を上げておりました!

笠井先生に全面監修して頂き、とうとう完成した椒。皮膚蒸泄活性の為に厳選された10種のブレンド香辛料を是非ご活用下さい!

香辛料「椒」についてはこちらを御参照下さい


《関連リンク》
笹塚薬局
研究会に参加できなかった方に朗報!
今までの生態生薬研究会の模様をDVD化して販売いたしております
ご都合により参加できなかった方やもう一度講演を聞きたい方は是非ご購入下さい。
DVDの購入はこちらからお申し込み下さい。

↑Go to top