株式会社ユピックス


冬虫夏草「仙壽」

冬虫夏草ってなに?

冬虫夏草という奇妙なキノコが注目を集めています。中国のチベットやヒマラヤなど海抜4000mの高山でコウモ リガの幼虫から発生するものです。冬の間、空中に飛散している昆虫寄生菌は生きた昆虫に寄生し、虫の体を栄養源にして菌糸を作ります。栄養を吸い取られ て、やがて虫は死にますが、夏になると虫の死骸から、棒状のキノコが現われてきます。冬は外観が虫であり、夏には茸(草)の形状から「冬虫夏草」という名 前が付けられました。
冬虫夏草は1757年に発行された「本草従新」という中国の薬典に収載され、太古から滋養強壮、不老長寿の高貴薬として珍重され喘息、結核、腰痛に用いら れてきました。近年、この薬効成分と薬理作用について研究が進み、免疫向上作用、抗腫瘍作用など各種の薬効が確認されるようになりました。
冬虫夏草の名称は本来中国産のコウモリガの幼虫に寄生するコルジセプスシネンシスに与えられたものですが、日本では昆虫やクモなどに生ずるものをも含めて、広い意味に使われています。
そのため、その数は世界でおよそ400種類、日本でも300種類が確認されています。
しかし、これらすべてに薬理作用があるわけではありません。むしろ、ほとんどのものについては、未解明のままです。
現在、中国で薬効が確認され、漢方薬として認可されているのは中国特産のコルジセプスシネンシス(C.sinensis)、サナギタケ(C.militaris)、セミタケ(C.sobolifera)など数種類だけです。
冬虫夏草「仙壽」はそのなかでも有効成分が豊富とされているサナギタケのみを使用して作られています。

仙壽は人工栽培された完熟サナギタケ!

生きた無菌カイコのサナギを寄主として、カイコに感染性の強い菌株を用いて、野生サナギタケと同様な成長形態の サナギタケ子実体を安定的に生産する技術を確立し、大量生産を行っています。(茸は、培地の栄養を吸収して成長します。生きたサナギを培地に、子実体をつ けてこそ完熟の冬虫夏草となり、有効成分をたっぷり含みます)

冬虫夏草「仙壽」の最大の特徴は・・・

本物である

  • 中国で漢方薬として認められたコルジセプス属のサナギタケだけを使用。
  • 有効成分の豊富な完熟したサナギタケを使用。
  • 子実体と菌糸体すべてを含んでいます。

安心・安全である

  • 無菌培養のため抗生剤や農薬の心配は一切ありません!
  • サナギタケ100%使用。添加物や賦型剤は使用していません!
  • 純日本国産の原料のみを使っています。

冬虫夏草「仙壽」

【仙壽(せんじゅ)】
定価:18,000円+(消費税)
内容量:27g(270mg×10カプセル×10シート)
冬虫夏草含有量(22,000mg)

↑このページの上へ